ホーム > 日本国憲法は日本人の恥である

日本国憲法は日本人の恥である  新刊 これから出る本

米国人歴史学者「目からウロコの改憲論」

日本国憲法は日本人の恥である

日本国憲法は〝不平等条約〞である! アメリカ人の私が言う。メイド・イン・USAの憲法は今すぐゴミ箱に捨てるべきだ。

著者 ジェイソン モーガン
ジャンル 政治・国際
評論 > 日本・日本人論
出版年月日 2018/01/28
ISBN 9784908117442
判型・ページ数 4-6・224ページ
定価 本体1,200円+税
 

目次

はじめに 日本の憲法改正が世界の新秩序を生む
第一章  日本国憲法はメイド・イン・USAの不平等条約だ
第二章  暴挙を生み出すアメリカのイデオロギー
第三章  日本国憲法はいかにしてつくられたか
第四章  アメリカ歴史学会の横暴
第五章  アメリカが抱える根深い宿痾
第六章  憲法改正は「パンドラの箱」だ
おわりに さあ、パンドラの箱を開けよう

このページのトップへ

内容説明

アメリカ人歴史学者のジェイソン・モーガン氏(麗澤大学外国語学部助教)は、「今こそ日本は憲法改正を推し進めるべきだ」と主張し、その理由を「日本国憲法はアメリカのリベラル(左翼)がつくった〝不平等条約〟であり、〝日本支配計画書〟にすぎない」「この憲法を見直さなかったのは、主権国家として〝恥ずべきこと〟だからである」とする。そしてモーガン氏は、GHQが東京裁判で「日本は戦争犯罪国家だった」と断じて、日本国憲法を一方的に押し付け、日本国民を洗脳していった過程を歴史学者の視点で検証、さらに旧態依然の反日に凝り固まっているアメリカ歴史学会への「覚悟の反論」も公開する。2018年、いよいよ憲法改正論議が本格化する中、日本人自身が新たな憲法の形を考える上で、是非とも一読してもらいたい1冊である。

このページのトップへ