ホーム > 新聞広告

新聞広告

1~10件 (全17件) | 1 |  2  | 次の10件

小社企画・編集の絵本、うつみのりこ著『しろくまのそだてかた』(発売:飛鳥新社)の新聞広告が今日20日の朝日新聞読書欄に掲載されました。さっそく大きな反響をいただいているようです。書店の皆さまには、ご注目くださればと思います。

このページのトップへ

大反響‼

10月26日付け読売新聞に『これが世界と日本経済の真実だ』の広告掲載。

アマゾンのベストセラーランキングでは、再度50位以内入り。

同カテゴリー別のベストセラーランキングで再度1位にランク!

 

関連書籍はこちら

このページのトップへ

髙橋洋一著『これが世界と日本経済の真実だ』の広告を本日(10月5日)、日本経済新聞(第4面、半5段)に掲載しました。
同書は広告掲載前から売行き好調でしたが、この広告で勢いがついた感じです。
アマゾンでは現在全体の25位、経済学、経済事情でベストセラー1位になって
います。
重版(第2刷)も決定しております。
書店の皆様、在庫はございますので、ご注文宜しくお願い致します。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

本日(9/26)の日刊スポーツとスポニチの1面下全3段に、最新刊『イチローがいた幸せ』の広告を掲載しました

偶然にも、日刊スポーツ(東京版、写真)の1面はイチローの同僚が事故死したという、イチローの関連記事でした。その偶然に驚いています。どうかご覧になってみて下さい。

アマゾンのランキングでは順位がどんどん上がっています。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

8月30日発行の毎日新聞朝刊に掲載

日本テレビ系放送の人気企画「24時間テレビ」に『70年目の恋文』の著者・大櫛ツチヱさんが登場(28日朝7時過ぎ)。大櫛さんの愛の物語が紹介され、大きな反響を呼んでいます。

関連書籍はこちら

このページのトップへ

<書店の皆様>
明日(7月26日)、読売新聞に全5段で以下の新聞広告が掲載されます。
在庫はございますので、ご注文宜しくお願い致します。
 
 <読者の皆様>
日下公人さんの『トランプなんか怖くない』は発売同時にアマゾンの部門別(経済思想・経済学説)でベストセラーにランクされました。その後は売り切れ状況が続いていてランクは落ちてますが、配本され次第再びランクアップすると思います。
 
『大西郷(だいさいごう)という虚像』も売行き好調です。日本は薩長史観から脱すべし、というのが著者・原田さんの主張で、なるほどとうなずかされます。
 
野村監督の『俺の苦言を聞け!』は久々の野村節炸裂の著作です。韓国の読者から「野村監督のファンですが、この本は本当に面白い。すべて納得がいきます」との感想が日本語で寄せられました。
 
この3冊とも、悟空出版創業2周年企画ですが、かなり面白いと思いますので、どうか書店にてお求め下さい。
読売新聞7月26日
 
 

関連書籍はこちら

このページのトップへ

7月13日付けの日刊スポーツ第1面に

野村克也著『俺の苦言を聞け!』の出版広告を掲載しました。

 

このページのトップへ

たちまち増刷決定 ‼

  原田伊織著『大西郷という虚像』


増刷決定 !!

   野村克也著『俺の苦言を聞け!』


 渡邉哲也著『世界経済の激変を1時間で読み解く』

 3作品の広告を掲載しました。

このページのトップへ

悟空出版 創業2年企画のお知らせです。

原田伊織著『明治維新という過ち』の完結編『大西郷という虚像』の広告が

朝日新聞に掲載されました。

話題の野村克也著『俺の苦言を聞け!』、

重版出来の『比叡山の声明で心を洗う』も掲載されていますので

よろしくお願い致します

このページのトップへ

1~10件 (全17件) | 1 |  2  | 次の10件